県からのお知らせ 県からのお知らせ

2016/11/12

茨城県北芸術祭を巡る旅 vol.23 月の衛星

プロフィールアイコン
茨城県北芸術祭で展示されている作品集

9月17日~11月20日まで開催されている県北芸術祭。そこで展示されている作品集です。
風光明媚な海と山が織り成す豊かな自然に恵まれた茨城県北地域は、かつて岡倉天心や横山大観らが芸術創作活動の拠点とした五浦海岸、クリストのアンブレラ・プロジェクトで世界の注目を集めた里山をはじめ、独自の気候・風土や歴史、文化、食、地場産業など、多くの創造的な地域資源を有しています。こうした資源の持つ潜在的な魅力をアートの力を介して引き出すことにより、新たな価値の発見と地域の活性化を図るため、日本最大規模となる広大な「KENPOKU」地域を舞台として、国際的な芸術祭を開催中です。

約100ある作品の中から、今回は内海聖史氏が作成した
「moon satellite」
を紹介します。

広々とした空き店舗の中央付近に、巨大な絵画が設置されます。大きさは何と10×7.6メートル。「moonwolk」と名付けられた黄色い色面は、あたかも月の光を受けとめて輝くかのようです。壁面に展示しきれないサイズをもつ絵画が、空間に斜めに立ち上がり佇む光景は圧巻です。立体なのか絵画なのか、絵画とは何かという問いを、あらためて私たちに投げかけます。道の駅ひたちおおた内のレストランにも作品を設置。

茨城県北芸術祭
https://kenpoku-art.jp/

E-17 moon satellite
https://kenpoku-art.jp/artworks/e17/
  • 戻る戻る
  • トップへトップへ
ページトップヘページトップヘ